アロサウルス

Allosaurusアロサウルス

名前の意味 異なったトカゲ
分類 Scientific classification 竜盤目 / 獣脚亜目 / アロサウルス科 Saurischia/ Theropoda / Allosauridae
サイズ Size 体長 12〜14メートル / 推定体重 3~5トン 45.9ft / 5t
地質時代 Geologic age ジュラ紀後期(1億5千万年前)
分布 Distribution 北米
アロサウルスの分布図

ジュラ紀を代表する最大級の肉食恐竜であり、特に北米からは子供から成体に至るまで少なくとも60個体以上に相当する化石が 発見されている。アメリカのユタ州では1箇所から約50体の化石が発見された。また、アパトサウルスやカマラサウルスと一緒に アロサウルスの化石も発見されている。最大の標本はティラノサウルスに匹敵する大きさがあったが、ティラノサウルス類ほど 骨格は重厚ではない。手根骨が半月状でないことや、腸骨の前方突起の発達が弱いこと、第2中足骨と第4中足骨が接しないなどの 点でティラノサウルス類やトロオドン類よりも原始的であった。目の上にあるこぶ状の突起、1mを越える大きな頭や太くたくまし い後ろあし、発達した前あしなどが外見上の特徴である。大きな頭部と長くまっすぐ伸びた重厚な尾で体のバランスをうまくとっていた。 アロサウルスの前あしはティラノサウルスのように貧弱ではなく発達した3本の指には鋭いかぎ爪があり強力な武器となったであろう。 獲物を捕らえる際は、茂みで待ち伏せし、強力な上あごを振りかぶって奇襲したと考えられている。

アロサウルスの大きさ比較

拡大する こぶ状の突起 >>
拡大する 強力なかぎ爪のある3本指 >>
拡大する 強力な上あご >>

アロサウルスの骨格

アロサウルスの歯

アロサウルスの歯

鋭く大きな歯を多数備え、形状は後方にカーブし、断面はレンズのような形である。また、アロサウルスのかみ痕がついたアパトサウルスの骨の化石が 見つかっている。つまり、アロサウルスは巨大な草食恐竜であるアパトサウルスを襲撃し、捕食していたと考えられる。

アロサウルスVSステゴサウルス

ステゴサウルスの尾のスパイクで攻撃され、その際に傷ついたと考えられるアロサウルスの骨の化石が発見されている。 攻撃された箇所はアロサウルスの尾のつけねのあたりである。狩りをすた際に反撃されたのだろうか。 化石の発見によって恐竜時代の様々な情景がわかってくる。

Favorite 関連商品

Favoriteでは、「リアルさと美しさ」を徹底的に追求し、細部にいたるまで最新の学説に基づいて製作した恐竜フィギュアを取り扱っています。高いディテールから生まれる、絶滅した生物たちが蘇ったかのような世界観をお楽しみいただけます。

究極の肉付きモデル

アロサウルスデスクトップモデル

ダイナソーアーティストによる作品

アロサウルスターシックモデル

化石化した歯を再現

アロサウルス 歯 レプリカ