プテラノドン

Pteranodonプテラノドン

名前の意味 翼があり歯がないもの
分類 Scientific classification 翼竜目 / 翼指竜亜目 / プテラノドン科 Pterosauria/ Pterodactyloidea / Pteranodontidae
サイズ Size 体長 開翼長7メートル(最大の個体は9メートルに達した可能性がある)/ 推定体重 15~20キロ 22.9ft / 0.02t
地質時代 Geologic age 白亜紀後期(8千5百万年前)
分布 Distribution 北米(カンザス州)
プテラノドンの分布図

最も有名な翼竜の一つであり、北米で最初に発見(1871年)された翼竜でもある。カンザス西部のナイオブララ・チョーク層に多産し、 これまで数千点の標本が採集されている。大半の化石は非常に断片的なもので、完全な骨格は1点しか知られていない。 頭部の後方(人間では額の部分に相当する)がトサカ状に細長く伸びることが最大の特徴であり、最大のもので頭骨は長さ 1.8メートルに達する。骨盤の特徴で雌雄が判別できる可能性がある。海生の魚を主食にしていたと考えられている。捕食方法は 水面近くの魚をすくい取っていたと考えられ、歯はまったくないので、捕らえた魚を丸呑みにしていたのであろう。 トサカの形状によって2種類(ロンギケプスとスタンベルギ)が認められているが、トサカがより垂直に近くなり、 前方が大きく膨らむことがスタンベルギの大きな特徴である。スタンベルギとされた標本はこれまで1点しか知られておらず、 プテラノドン・ロンギケプスの変異個体にすぎない可能性も考えられる。 飛行方法は基本的には上昇気流にのりグライダーのように滑空していたとみられる。
翼竜とは空を飛ぶ巨大な爬虫類であり、恐竜が生きていた大空を支配していた。鳥でも恐竜でもない不思議な生き物なのである。

プテラノドンの大きさ比較

拡大する トサカ状の骨 >>
拡大する 飛行方法 >>
拡大する 軽い体 >>

トサカの役割とは?

翼竜の後頭部にある骨性の長大なトサカの役割は様々な説がある。 舵とりや帆の役目、首の負担を減らすため、ディスプレイのため、放熱の役割などである。 最近では、オスとメスの違いを表すディスプレイのためであるとする説が最有力とされている。 プテラノドンは小さなトサカをもつ個体の恥骨が大きく幅広いことがわかっており、卵を産む際に 適していると考えられ、トサカの小さい個体はおそらくメスであろう。 ディスプレイのためとはいえ、頭部にトサカがある以上、舵とりのように空気力学的な影響がった であろう。

日本の翼竜

プテラノドンの化石の多くは、北アメリカのカンザス州、アラバマ州などで発見されるが、日本の北海道でも断片が 見つかっている。つまり、本属または近縁種は広範囲に分布していたと考えられている。
日本で発見される翼竜の化石はいずれも白亜紀のもので尻尾が短いタイプである。また、日本産の化石は歯、頚椎などで いずれも断片的なものが多いため、属、種の分類ができていない。 発見された地域は北海道、茨城県、富山県の手取層群、石川県の桑島化石壁、岐阜県、兵庫県の和泉層群、 熊本県の御船層群。富山県の手取層群からは、日本で初の翼竜の足跡化石が発見されている。

Favorite 関連商品

Favoriteでは、「リアルさと美しさ」を徹底的に追求し、細部にいたるまで最新の学説に基づいて製作した恐竜フィギュアを取り扱っています。高いディテールから生まれる、絶滅した生物たちが蘇ったかのような世界観をお楽しみいただけます。

低価格でハイクオリティー

プテラノドン ソフトモデル

ビッグサイズなやわらかフィギュア

プテラノドン ビニールモデル

小さいながら本格ストラップ

プテラノドン ストラップ

人気のソフトモデルセット

ダイナソーソフトモデルセット C