ステゴサウルス

Stegosaurusステゴサウルス

名前の由来 屋根のあるトカゲ
分類 Scientific classification 鳥盤目 / 剣竜下目 / ステゴサウルス科 Ornithoscia/ Stegosauria / Stegosauridae
サイズ Size 体長 約6.7メートル / 推定体重 2.6トン 21.9ft / 2.6t
地質時代 Geologic age ジュラ紀後期(1億5千万年前)
分布 Distribution 北米西部
ステゴサウルスの分布図

剣竜類の中では最大級となり、最も名の知れた恐竜である。剣竜類は背中から尾にかけて骨板が2列に並ぶことが特徴的で、ジュラ紀後半から白亜紀前期にかけて繁栄した。また、湾曲した背の形は特徴的である。ステゴサウルスを含む剣竜は群れで行動していたとする説があり、 それは、複数個体のまとまった化石が発見されることがあるためである。尾の先端にある4本の棘(スパイク)は防御用に振り回していたものと解釈されている。ステゴサウルスは背中の上に並ぶ骨板が大きな菱型ないし三角形になることで識別できる。大きな体に比べ特に頭は小さく、脳が小さい(約30グラム:梅干しほどの大きさ)ことでも有名である。なお、実際ステゴサウルスの知能がどれほどあったのかは詳しく分かっていない。

ステゴサウルスの大きさ比較

拡大する 特長的な骨板 >>
拡大する のどを守るよろい >>
拡大する 鋭いスパイク >>

ステゴサウルスの骨格

ステゴサウルスVSアロサウルス

ステゴサウルスの尾のスパイクで攻撃され、その際に傷ついたと考えられるアロサウルスの骨の化石が発見されている。攻撃された箇所はアロサウルスの尾のつけねのあたりである。狩りをすた際に反撃されたのだろうか。化石の発見によって恐竜時代の様々な情景がわかってくる。

背中の骨板の役割とは

ステゴサウルスの背中の骨板の役割については様々な説がある。かつては、捕食者に対する武器といった説もあったが、骨板は薄く強度に欠けているため防具にはならなかったと考えられる。骨板の表面と内部には多くの血管の跡と思われる痕跡が発見されており、アフリカゾウの耳のように、熱を放射し体温を調節する放熱板のだったのではないかとする説が 最有力である。体温が高い時は骨板に風を当て熱を放出し、体温が低い時は太陽の光をあてて熱を吸収していたのだろう。また、成体となった後も骨板が成長していた事が判明しており、仲間を見分けるためのディスプレイだったという説もでてきた。

Favorite 関連商品

Favoriteでは、「リアルさと美しさ」を徹底的に追求し、細部にいたるまで最新の学説に基づいて製作した恐竜フィギュアを取り扱っています。高いディテールから生まれる、絶滅した生物たちが蘇ったかのような世界観をお楽しみいただけます。

メタル製の恐竜フィギュア

ステゴサウルス メタルモデル

ダイナソーアーティストが手掛けたフィギュア

ステゴサウルス ターシックモデル

遊べる柔らかフィギュア

ステゴサウルス ビニールモデル