トリケラトプス

Triceratopsトリケラトプス

名前の由来 3本の角を持ったもの
分類 Scientific classification 鳥盤目 / 角竜下目 / ケラトプス科 Ornithischia/ Ceratopia / Ceratopidae
サイズ Size 体長 7〜9メートル / 推定体重 7〜9トン 29.5ft / 8t
地質時代 Geologic age 白亜紀末(7000万年〜6500万年前)
分布 Distribution 北米
トリケラトプスの分布図

トリケラトプスは、ティラノサウルスと共に高い知名度を誇る中世代白亜紀後期に生息していた最大級の角竜類恐竜である。角竜類はアジアと北米で確認されているが、角の生えたトリケラトプス類は北米でしか確認されていない。その名の由来ともなる鼻と目の上の三本の長い角が特徴で、古生物学者オスニエル・チャールズ・マーシュ(1831-1899)はトリケラトプスの角を最初は野牛のものと誤って報告したというエピソードがある。 これまでに50点を超える頭骨などの骨格が発見されているが、巨大な頭部にも関わらず、脳の大きさは70グラムほどと推定されている。ティラノサウルスやエドモントサウルスと同様に恐竜絶滅の瞬間まで繁栄していた非鳥類型の最後の恐竜でもあった。

トリケラトプスの大きさ比較

拡大する 3本のするどい角 >>
拡大する えり飾りは防御機構か? >>
拡大する 堂々たる体格 >>

トリケラトプスの骨格

くちばしと歯

トリケラトプス歯

吻骨と呼ばれるオウムの鳥のクチバシのような骨があり、口の奥の方にだけ歯が200以上もつながって生えていた。 この上下に生えた歯の垂直面で植物を切るようにして食べていたとされている。

トリケラトプスとトロサウルスの関係

近年トリケラトプスとトロサウルスは同一種であるとされる発表があり話題になった。トロサウルスは、トリケラトプスよりも立派なフリルをもっており、その大きさが異なることから違う種類と思われてきた。しかし、フリルなどを除いて形態的な差異がほとんど見られず、発掘された化石も、トロサウルスは成熟したとみられる化石が数固体分しか発掘されていない事に対し、トリケラトプスは成長段階などをを含んだ50以上もの化石が次々と発掘されてきた。

オスニエル・C・マーシュの報告

オスニエル・C・マーシュ

古生物学者オスニエル・チャールズ・マーシュ(1831-1899)はトリケラトプスの角を最初は野牛のものと誤って報告したというエピソードがある。最初の標本は、コロラド州で1887年に見つかり、標本はオスニエル・C・マーシュのもとへ送られた。彼は、この角は鮮新世のものと考え、巨大な野牛のものであるとした。 しかし、ジョン・ベル・ハッチャーによって採集され、ケラトプス属の新種として発表された全体の3分の1以上が保存されている頭骨が彼の考えを変えた。その後、マーシュはケラトプスの一種ではなく、B.alticornisを新属と認め、トリケラトプスと命名しなおした。

まめ知識

オスニエル・マーシュとエドワード・コープの2人は一緒に化石採集に出かける仲でしたが1869年、コープが新しく組み立てたエラスモサウルスの骨格について、マーシュが「頭が尾の先についている」ことを指摘したことで、コープのプライドが傷つけられ、発掘競争をするライバルとなったと言われている。 この発掘競争で、壊れやすい化石を石膏で固めて運ぶ工夫が生み出され、この方法は今も多くの発掘現場で利用されている。

Favorite 関連商品

Favoriteでは、「リアルさと美しさ」を徹底的に追求し、細部にいたるまで最新の学説に基づいて製作した恐竜フィギュアを取り扱っています。高いディテールから生まれる、絶滅した生物たちが蘇ったかのような世界観をお楽しみいただけます。

遊べる恐竜フィギュア

トリケラトプス ビニールモデル

化石化した歯を再現

トリケラトプス 歯 レプリカ