Vol.115

ミリオンズ

2004年 / 英・米
原題:Millions
監督:ダニー・ボイル
脚本 :フランク・コトレル・ボイス
キャスト:レックス・エテル / ルイス・マクギボン / ジェームズ・ネスビット /
     デイジー・ドノヴァン / クリストファー・フルフォード / 他

信心深く、聖人になることを夢見る8歳のダミアン(アレックス・エテル)は、聖フランシスコ、ウガンダの殉教者、聖ペテロ、聖ヨセフなど聖人と話すことができる特別な能力を持っていた。イギリスの通貨がユーロに替わる12日前、線路の横に彼がダンボールで作った隠れ家で、アッシジの聖クララと話している時、空から22万9320ポンド入りのバッグが降ってきた。大金は10歳の兄アンソニー(ルイス・マクギボン)のアドバイスで秘密にしておくことになった。
ダミアンは貧しい人々にお金を分け与えたいのだが、現実主義者のアンソニーに阻まれなかなか巧くいかない。
実は、この大金は政府がユーロ切り替えを前に破棄処分するはずの紙幣で列車運搬中に盗まれたものだった。そして行方の判らないバックを探している強盗団の一人とダミアンが遭遇する……。

恐竜はダミアンの部屋で登場する。
まず、隠れ家から大金の入ったバックを部屋に運び入れるシーンでティラノサウルス。続いてブラキオサウルス。
そして、ダミアンが聖ペテロと話している時、再びブラキオサウルス。
ダミアンの携帯電話に強盗が電話をかけてくるシーンで、掛け布団にステゴサウルスのアップリケ。アンソニーが強盗に襲われるシーンの冷蔵庫にアパトサウルスのシールが貼ってある。

さて……、大金を神様の贈り物だと信じていたダミアンだったが、現実は大金が元で様々な災いが家族を襲い、彼は苦労してユーロに換金したお金を線路で燃やしてしまうのだった。
そして、奇跡のようなことがおこるのだが……。