Vol.117

シャーロックホームズの冒険 <特別編>

1971年 / 米
原題:THE PRIVATE LIFE OF SHERLOCK HOLMES
制作・監督: ビリー・ワイルダー
脚本:ビリー・ワイルダー / I・A・Iダイアモンド
キャスト:ロバート・スティーヴンス / クリストファー・リー /
     スタンリー・ホロウェイ / コリン・ブレイクリー /
     ジュヌヴィエーヴ・パージュ / 他

鹿撃帽にインバネスコート、科学的推理を芸術の域にまで高めた世界で最も有名な探偵シャーロック・ホームズ(ロバート・スティーヴンス)の物語である。ストランド誌に発表されなかった事件簿で、ジョン・H・ワトスン(コリン・ブレイクリー)の死後50年間封印されたものだ。
ずぶ濡れの美女(ジュヌヴィエーヴ・パージュ)がホームズの下宿に運び込まれてきた。ロンドン、ベイカー街221Bの2人の下宿する住所を記した紙片を握りしめていたのだ。久しぶりの事件に冴えるホームズの推理で、ガブリエル・バランドンと判明、テムズ川に落ちショック状態だった彼女も記憶を取り戻し、行方不明の夫を捜して欲しい依頼するのだが……。

恐竜ではないが、ネス湖の伝説の怪獣が登場する。麒麟のような2本の角、プレシオサウルスのようなヒレを持つと言われたネッシーだ。
特別編では、英国の潜水艦開発が秘密裏にネス湖で行われており、頭部に角を持つプレシオサウルスの長い首を潜望鏡に被せてカムフラージュしていた。開発にはホームズより明晰だと言われる兄マイクロフト(クリストファー・リー)の創設したディオゲネス・クラブが関わっている。

ネッシーの写真の中で、1934年に撮影されたロバート・K・ウィルソン撮影の「外科医の写真」はよく知られているが、1994年に潜水艦にヘビの模型を付けた物と発表されたことは記憶に新しい。
シャーロック・ホームズの冒険 <特別編>の製作が1970年であることを考えると興味深い。