Vol.158

フリー・ウィリー

1993年 / 米
原題:Free Willy: How Far Would You Go for a Friend
監督:サイモン・ウィンサー
脚本:キース・ウォーカー / コーリー・ブレックマン
キャスト:ジェーソン・ジェームズ・リクター / ロリ・ペティ / ジェーン・アトキンソン /
     マイケル・マドセン / マイケル・アイアンサイド / オーガスト・シェレンバーグ /
     リチャード・リール / 他

フェバリットコレクションのマリンライフシリーズに、「シャチ」のフィギュアがある。

学名:Orcinus orca
英名:Killer Whale
分類:クジラ目マイルカ科シャチ属
分布:北極海、南極海、太平洋、大西洋、インド洋

「世界中のほぼ全海域に生息している。体はがっちりとした魚雷形で、体色は黒、腹面は白で、眼の後ろ上方に卵形の白斑がある。食性は幅広く、 魚だけ食べるグループと鳥類からクジラなどの哺乳類まで何でも食べるグループとがある。群れで戦略的な捕食行動をとることが知られている。」これは、フィギュアの写真キャプションだ。

映画「フリー・ウィリー」は、母親に捨てられストリートキッズとなったジェシー(ジェーソン・ジェームズ・リクター)と、シャチのウィリーの物語である。ジェシーは警察に目を付けられ追われるほどの悪ガキだったが、里親のグレン(マイケル・マドセン)とアニー(ジェーン・アトキンソン)と暮らし、水族館でアルバイトをすることになった。誰にもなつかないウィリーだったが、ジェシーとはよく似た孤独な境遇のせいか、お互いの信頼と友情を深めていく。

恐竜は、水族館で登場する。DVDだと47分頃だ。多分、飼育係の事務所だろう。壁にクジラの大きさを比較するポスターが貼られている。その片隅にブラキオサウルスが描かれているのだ。 ウィリーのプロフィールは、体重3.5トン・全長6.6メートル。勿論、シャチもポスターに描かれているので、ウィリーからブラキオサウルスの大きさを推測することも可能だろう(ポスターの意図は逆だったかもしれないが……)。

クライマックスは「Free Willy: How Far Would You Go for a Friend」の原題からも想像できるだろう。
里親のグレンがなかなか素敵なのである。彼はカーマニアなのだが「人生で最高の愛はひとつしか持てない」とジェシーに話すシーンがある。彼が何を手放したのか……。案外、こっちの方がフェバリットファンには、ジ〜ンと心に染みるかもしれない。