Vol.164

日本以外全部沈没

2006年 / 日本
原題:日本以外全部沈没
監督:河崎実
監修:実相寺昭雄
脚本:河崎実 / 右田昌万
原作:筒井康隆
原典:小松左京
キャスト:小橋賢児 / 柏原収史 / 松尾政寿 / イジリー岡田 / つぶやきシロー / 松尾貴史 /
     筒井康隆 / 黒田アーサー / 中田博久 / 寺田農 / 村野武範 / 藤岡弘 / 他

世界が沈んで日本だけが残った……。小松左京のベストセラー『日本沈没』のパロディーである。アメリカの9.11同時多発テロ事件から10年目の2011年、日本以外の全ての陸地が海に沈む。アメリカ大陸が1週間で、その1週間後に中国大陸が、更にユーラシア大陸、アフリカ大陸と、原因不明の天変地異で次々に沈没する。
日本列島には、生き残った難民たちが押し寄せ、新しい秩序が築かれていく。日本が世界なのだから仕方がない。人口の急増、食料不足、物価は高騰、失業率の急上昇、外国人犯罪、政府は超法規的措置としてGAT<外人・アタック・チーム>を組織し、特権階級となった日本人は増長していく。

恐竜は、日本以外全部沈没後のテレビ番組で登場する(00:40:30)。

空想特撮シリーズ「電エース」は、増えすぎた外国人にウンザリしている日本人のストレスを発散してくれる番組として話題になっていた。次々に出てくる恐竜は、外国人を踏みつぶし、ヒーロー「電エース」もまた戦いの最中に、わざとのように外国人の上に、何度も倒れるのだ。
ちなみに、第563話「大恐竜を超えてゆけ」では、アロサウルスまがいの恐竜と、電エースが戦っている。