Vol.27

ユー ガッタ メール

1998年 / 米
原題:YOU'VE GOT MAIL
監督:ノーラ・エフロン
キャスト:トム・ハンクス / メグ・ライアン

原題は「YOU'VE GOT MAIL」。
ジョー(トム・ハンクス)とキャサリン(メグ・ライアン)は、インターネットで知り合いe-mailをやりとりする仲で、それぞれの相手と同棲中。
キャサリンは、母から譲り受けた小さな児童文学書店を愛し、細やかな気遣いと本の内容もしっかりと把握しているプロフェッショナルだ。ジョーはというと、大手の安売り書店の三代目。キャサリンの店の近くにチェーン店をオープンさせた。現実では商売敵。ネット上ではお互いの良き相談相手なのだが、ある日ジョーはメールの相手がキャサリンだと知ってしまう……。

老舗と大型書店の商戦は、老舗は閉店という形で決着がつくのだが、お互いの心のすき間を埋めるように、コンピュータがYOU'VE GOT MAILを告げる…。

Look at this dinosaur book.
It's a pop-up dinosaur book.
Wouldn't you like to have a dinosaur book like that?

We'll take that pop-up book as well.
The dinosaur one.

ジョーが何も知らずキャサリンの店を訪れた時のレジでの台詞だ。
彼の背後に、「TEN TERRIBLE DINOSAUR」の表紙も映っているのだが、そのテーブルに、竜脚類フィギュアがディスプレーされている骨格モデルとリアルフィギュアだ。
リアルフィギュアの方は後脚で立ち上がっているポーズで、画面に向かってジョーの左脇のところに。
骨格モデルはかなり大きく、ジョーの背後右側に映るので、お見逃しなく。