クイズ恐竜検定 中級

第1問

1936年、日本の統治下にあったサハリン(樺太)南部にある川上炭坑で発見されたのはどれでしょう?

第2問

2001年、アフリカのマダガスカル島で発見された体長1.3~1.8メートルの肉食恐竜の名前は次のうちどれでしょう?

第3問

コエロフィシスとはどういう意味でしょう?

第4問

イグアノドンとはどういう意味でしょう?

第5問

カブトガニは二億年以上も前から、その形を変えないまま、現在まで生き続けています。では、そのカブトガニは次のうちどの生物に近いでしょう?

第6問

恐竜の骨格を組み立てるとき、足りない骨はどうするのでしょう?

第7問

琥珀のいわれとは?

第8問

2004年10月に新種のティラノサウルス類で命名された恐竜は?

第9問

日本で発見された首長竜であるフタバスズキリュウ。さて、最初に発見されたのは次のうちどこ?

第10問

オヴィラプトルはどういう意味でしょう?